FC2ブログ

とよ吉ブログ

思いのまま、、 五感、六感、感じるまま! オールマイティでのびのび♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
長寿遺伝子(サーチュイン)
カロリー制限で長寿遺伝子(サーチュイン)が活性! ・・先日NHK教育で。
栄養が足りない取れないなどの状況において、次の子孫を残すため長寿遺伝子が働く!
それは 「生き残り戦略」 の一環、「子孫の残す故の生命の仕組み」
動物実験とか、食糧不足時代に生きた人々でのデータとかでも確かめられたよう。
*サーチュイン活性化には赤ワインなどに含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロール(ブドウの皮にある)があると。 また、サーチュインは血管内皮細胞が血管をしなやかにし動脈硬化を防ぐ数値が倍になるとも。

しかしだからといって必要な栄養をとらないということは、かえって逆の効果も出てくるかもと。
また、人為的に一つの働きを強めたらその生き残り戦略も違った方向になってしまったり、異なった作用になりはしないか、、などの危惧もある。 ・・たしかに。
がんなどではサーチュイン活性化でがんを活性化させてしまう作用も生まれてしまうかもと。ある部分で活性化すると良いが、ある部分ではマイナスに働くかもしれない、全体を見つめていかないといけないと・・。

でもやっぱり、美味しいもの食べて健康に生きるは大いに人生楽しめるし。
人生長寿が幸せか、謳歌が幸せか、人それぞれだと思うけど、ただ質素にしてても寿命短かかったら悲しいな、、謳歌且つ長寿がいいのは言うまでもないけどな。
あれれ、「長生きするには・・」みたいになってしまったけど、
今回は、”長寿遺伝子の活性”、そしてそれは 「子孫を残す生命の仕組み」 だったな。

自ら(自然に)と、人為的(意図的に)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nonbiritoyokichi.blog112.fc2.com/tb.php/511-5561cbb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。