FC2ブログ

とよ吉ブログ

思いのまま、、 五感、六感、感じるまま! オールマイティでのびのび♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
~美しくあまりに悲しい愛の物語~ 
            ジョン・レノンとオノ・ヨーコ

今夜の金スマ とても、とても深い特番だった。 スタジオ全員が静まり返り沈黙の時間が流れ、感銘の空気が支配した。その深さ故、みな言葉が出なかった。
愛に飢え、愛と出会い、そして一人の人を限りなく愛することで世界の人に愛を伝えたジョンレノン、そしてジョンが愛したオノヨーコその人。

「イマジン」 、世界での平和へのシンボル曲であり、また、QUEEN ボヘミアン・ラブソディーと並び、過去1000年の最高傑作とも呼ばれる佳曲。
Happy Xmas には反戦・・、Womanには・・、そんな々思いが込められた曲だった。 
そのイマジンは、ヨーコの戦時中幼年期の思い出をもとに書かれた、「想像してごらん・・」のフレーズの詩々にジョンが感銘したことで生まれた曲だった。
イマジンピースタワー、24の言語で「Imagine peace」・・。
世界に愛と平和を訴え続けたジョン、罵倒され、悲しみの中それを引き継いだヨーコ、、。
また、オノ・ヨーコはなぜいつもサングラスをかけているか・・その意味も・・。

今夜は、ビートルズが誕生した意味の一つに、ジョンを世界に送り出すという意味があったのではと思われる程の内容、そしてそれはヨーコという永遠に愛す人を得て成すというもの。
世代を超えビートルズに影響され音楽を目指した人々、
そして今夜、この番組を見た人の中から何かが生まれる、そう感じずにはいられなかった。

「彼はこの世に光を持ってきたんでしょうね・・・・・
・・・・・ジョンの死は私の悲しみを超えて、もっと深い意味があったのではないでしょうか」 (ヨーコ)


The Ballad of John and Yoko












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nonbiritoyokichi.blog112.fc2.com/tb.php/496-3fc8ce6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。